Sponsored Link

この一人旅を振り返って(マルタ編)

Sponsored Link

私にとって、海外一人旅とは、いつも人生に何か意味や強い思い出があるもの。過ぎてみなければ分からないかもしれないけれど、すぐには気が付かないかもしれないけれど、何かがあるはずのもの。






ところが、このマルタ旅行が一体全体何だったのか、良く分からなかった。レンタカー会社やホテルとのいざこざはあったけど、それ以外は順調で、退屈な旅だった。

確かに飛行機代は一番安かった。だけど、別にそこでものすごく感動するほどの話でもない。






車も運転した。でも、海外では何度も運転している。

じゃあ、何だろう。






それでも、1年ぐらい経ってから写真を見直した時、「綺麗な青だな」と思えた。地中海の本当に綺麗な「青」を満喫できた旅だったのは確か。






だけど、まだ足りなかった。

マルタから帰った時、「もう二度とマルタに行くことはないだろう」と思ったので、マルタの写真をメールに添付して恒例の季節のご挨拶として友人たちにメールをした時、そのように書きました。そしたら、返事をくれたイギリス人の友人の一人が、「僕も遠い昔マルタに行ったけど、やっぱり同じことを思った。何だか嫌な感じだった」と言っていた。そんな雰囲気を多少なりとも持っている国なのだろうなと思った。






でも、ずっと気になっていた国ではあったので、行けて満足です。

次に又行くことがあるのならゴゾ島をメインの滞在先にすると思うけど。ゴゾ島のほうが断然居心地が良かったから。






さて、地中海の青がキレイだったなと思ってから更に又少し経ってから、自分で旅行記サイトを立ち上げました。そして、マルタ記もこうして登場しました。

サイトを持ってから、私の一人旅の意味は大きく変わった。行った先を思い出しながら旅行記を書くことで、私はもう一度その場所を旅行をすることになった。

そして、あのマルタの悪路の運転、果てしない運転、くたびれ果てた運転を思い出しながら、走りまくっておいて良かったなと思っている。自分の1人運転旅の象徴となるような旅行の一つだったなと思うと、私にとってのマルタ旅行の意味も変わり、今では、いずれ書く旅行記のためだったと思えています。






サイトを立ち上げる前だったので写真の枚数も少なく、完全気まま旅だったので適当に動いておりろくに覚えてもおらず、サイトとしては情報提供も不十分だと思うけど。

走っていた場所も分からず、停まりたくなければそのまま進み、天気に合わせて自由に動き、トイレに困り、カフェに困り、ガソリンに困り、駐車場に困りという、私の好きな旅の「序の口」でした。その後、このタイプの車運転旅を続けて行くことになるのだけれど、 一人運転旅というのがいかに身軽で適当で自由かということを知ってもらうためには、いい出だしだった気がします。






マルタはヨーロッパで不況の打撃を一番受けなかった国だと何かで読みました。その割にすごく貧しい国に見えたけど、首都に一切入らなかったので、貧しい印象に見えたのかも。






地中海は美しかった。ギリシャでもいいかもしれないけど、マルタはヨーロッパでは数少ない左側通行の国のうちの一つなので、まだ海外ドライブをしたことがない人にはいいと思います。

でも、海外運転が初めてなら、大通りを選びましょう。ちょっと入ると悪路かもしれないから。スリルはあるけどね、私はあまりスリルはいらない。万が一を考えて車の大きさは小さいものを借りたほうがいいかも。






あまり知名度のない国だと思っていたけれど、マルタ旅行記へのアクセスがかなり多く、驚いた。日本人が何故マルタに惹かれるのか分からないけど、きっと私も惹かれた一人です。これから行かれる方、綺麗な青の中、素敵な休暇をお過ごしください。

綺麗な海を泳いでリゾート気分を楽しむ人とはほど遠い運転旅だったけど、あの海は、行って眺めるだけの価値はあると思う。2019年10月現在、私の中で、「青」の順位は、マルタが1位です。ギリシャが2位です。

いいレンズで、しっかりと撮ってきて下さい。







この旅行記を最初から読む

このマルタ共和国一人旅レンタカー運転ありは、
走って走って走って、運転から始まり運転で終わった。「どうしたらマルタなんて小さな国でそんなに走れるんだ?」という走行距離だったと思います。昔から、「マルタ共和国という国はどこだろう」と気になっていて、いつか行こうと思っていた国の一つだった。


関連カテゴリ

https://www.female-traveller.com/category/24225493-1.html
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました