2日目②「ゴロカのコーヒー工場、パプアニューギニアのお土産その2」


パプアニューギニアのコーヒーは美味しいらしい。特にゴロカのコーヒー。

行くまで全然そんなことは知らなかったけれど、私はコーヒーが飲めないので、ここで山ほどコーヒーを買ったけれど、味は良く分かりません。きっと美味しいと思うよ。




沢山買ったけど、みんなお土産の予定で買いました。みんなお土産にすればいいものを、1つぐらい自分でも飲んでみようかなと思って封を開けてみました。コーヒーを飲まないので入れ方も知らなかったけど、知らないことすら知らなかった。

母上がコーヒーが好きで毎朝飲んでいたのを見ていたけれど、お湯を入れていただけのようだったので、それでいいと思っていた。生まれて初めて自分で入れたこのパプアコーヒーもそのつもりでお湯を入れたら、粉が固まってしまった。




ドリップをしなきゃいけないらしい・・。

とっても大きくなってからインスタントコーヒーの意味をやっと理解した。






そういうわけで、ここまでコーヒーを知らない人は滅多にいないだろうから大丈夫だと思うけど、この工場で買えるコーヒーはインスタントではありませんでした。きっとドリップして美味しいコーヒーが出来あがるのだと思います。






こんな風に、

2007_05180038






豆をちゃんと作っています。

2007_05180039






何をしているか分からないけど、

2007_05180040






この人がコーヒーを袋に入れる係なことは分かった。

2007_05180041






当時の工場は、それほど大きくなかったです。

2007_05180043






これが当時のコーヒー袋。シール貼りから始めます。

2007_05180045






コーヒーを入れやすいように口を開かせるためか、一度型に差し込んでおきます。






さて、ここで、なぜか外に出ました。コーヒータイムだったかもしれない。私がコーヒーを飲まないからすることがなくて外に出たか、注文したコーヒーを袋詰めする間の時間つぶしに外に出たかどちらかだと思います。






工場の外に出ても別に何もなかったけど、人通りは結構ありました。出るとすぐに女性数人と会ったし。






彼女は芋かなんかを運んでいる途中だった。

2007_05180048






工場の外の一本道。ここから人が出てきてたけど、こんなに見晴らしがいいのに、どこから出てきたか分からなかった。登場具合が謎であった・・・。

2007_05180049






こちらの彼女も一人で歩いてきました。ビルムを編みながら。

2007_05180050
2007_05180051






パプアではこんな風に女性がビルムを編むことが当たり前のようで、どれほど見かけたか分からないぐらいたくさんの女性がビルムを編んでいた。ビルムについては又後で説明します。

2007_05180052






続いては、家族連れ。みんな気軽に写真を撮らせてくれました。

2007_05180053






遠くへ行ってはいけないと言われたので、工場から出てすぐほんの数歩の場所でしか移動していません。






外は植物だらけ。

2007_05180057






バナナだと思っていたけど、

2007_05180056






違ったと思う。

2007_05180055





そして工場へ戻ると、私の注文分のコーヒーに最後のシールを貼ってくれていたところでした。いっぱい買ったでしょ。

2007_05180059






コーヒーが1ついくらでどうやって支払ったのかは記憶になく、ツアー代には含まれていないので現地通貨で現地払いだったはずだけど、日本円で払ったのかな。

いいお土産だと思うし、安かったと思うので、行かれたら是非どうぞ。パプアでのお土産は選択肢が沢山あるわけではないと思うし、できたてほやほやのコーヒーのお土産はあまり手に入らないし、特に、作っているところの写真も一緒にあげると楽しいかも。






では、工場を出て、

2007_05180060






次はマーケットの見学です。


次のページへ


< 前のページへ

-パプアニューギニア一人旅

© 2020 一人旅運転日記 by Junko