Sponsored Link

ミラノからスイスルガーノ日帰り一人旅その3「ミラノクリスマス夜景編」

Sponsored Link

さて、ミラノ中央駅を出たはいいけれど、さっぱりどこだか分からない。

ミラノの現地地図は持っていなかったと思います。

歩いているうちに、ビルばかりでどこも同じに見えてきた。しかも道を渡ろうとするのも面倒くさいような大通りを歩いていました。ルガーノから帰ったばかりなので、ちょっと近代的過ぎて見えた。

カフェに行って一休みしたくても、反対車線ばかりだった。渡るのが面倒だから歩いている側で見つけたら入ろうと思ったけれど、結局自分が歩いている方には全然カフェはありませんでした。

そして、オフィス街みたいなところへ出ました。まだ開発中の区域のように見えた。

こんなところを渡ると、
IMG_3057

 

 

 

 

ショッピングセンターみたいなものがあり、中心に広場がありました。
IMG_3060

 

 

 

 

クリスマス夜景を撮りたかったのに、ツリーも無いし、クリスマスデコレーションも無かった。

ビルはカッコいいのだけれど。
IMG_3061

 

 

 

 

絵にもなるだろうけど。
IMG_3062

 

 

 

 

でも、全然クリスマスではなかった。

どこかクリスマス的な場所はないかなと通りすがりの若い女性に聞いてみたら、少なくともこの辺にツリーはないとのことでした。彼女はミラノ出身じゃないから良く分からないとは言っていたけれど。


 

 

仕方がないから、地下鉄に乗って、ドゥオーモのあたりに行くことにした。そしてあっちで夕食にしよう。

夕暮れ時の写真は逃しちゃうけれど、仕方がない。ここがどこだか分からないし、明日はドバイに発つし、そう夜更かしもしていられない。

広場を降りてみたら、こんな風にとても綺麗で新しいビルでした。何でしょうかこれは。
IMG_3070

 

 

 

 

おそらくここは、今地図で見る限り、ギャエアウレンティではないかと思います。

 

 

 

そうは言っても何だか分かりませんが・・・。

とりあえず、あれだけ歩いたのに、実は全然進んでいなかったらしいことが上の地図から判明しました。

ぐるっと大回りしていただけらしい。


 

 

 

さて、大回りで既に疲れきっていた私は、地下鉄に乗ってドゥオーモの近くの駅へ。

降りて、まずガレリアへ向かいました。もう無駄に歩くのを辞めることにしたので、ちゃんと人に聞きながら行きました。


 

 

そして、早目の夕食。夜は夜景で忙しいし。

ガレリアの中に入りやすそうなレストランがあったので、そこへ入りました。どの店かは良くわかりません。

まだ早いから誰もお客さんがいなかった。

私は窓側の席を取って、まず出てきたのはもちろんパン。
IMG_3071

 

 

 

 

フレッシュオレンジジュース。多分、ブラッドオレンジがなくて普通のオレンジを頼んだのだったと思う。
IMG_3075

 

 

人もいないし、日本人なのでいつものように色々と話しかけられました。


 

 

お酒を飲まないので、後はお水で。やっと見つけたクリスマスらしい飾りつけがレストランの中なのが悲しいなと思いながら、飾りを1枚。
IMG_3077

 

 

 

 

そこへもう2人お客さんが来ました。これで合計3人。でも、その2人も日本人で、たった3人しかいないお客さんが、全て日本人になってしまった。

日本人密度が高いなと思っていると、私の好物が登場。やっと食べられるボンゴレ。昨晩はミラノの空港で全然違うものに変わってしまったから。
IMG_3079

 

 

 

少々オイルがきつかったけれど、ボンゴレも食べたし、日帰りスイスも実現したし、ミラノではガレリアにも来られたし、後は夜景の写真がちゃんと撮れればいいか。

ところでこのレストラン、可もなく不可もなくでした。又行くかと聞かれればノーですけど。もっとおいしいところがたくさんあるでしょうから。ただ、値段は一流でした。32ユーロ。5,000円弱かな。高い。でも、場所代だし。イタリアでもないスイスでイタリア料理を食べて4,000円よりはずっとましだなと思った。そもそもボンゴレはメニューにないのに作ってくれたし。


 

 

 

 

 

そして、食べ終わると、いよいよ寒い外へ。

何故かガレリアの外へ一旦出て、近所の銅像を撮っています。
IMG_3083

 

 

 

 

そして結局ガレリアへ戻り、しばらく撮っていました。
IMG_3087
IMG_3094
IMG_3095

 

 

 

 

人目も気にせず撮っていたけれど、
IMG_3099

 

 

 

 

どうしても人が多いし、
IMG_3103

 

 

 

 

お店のロゴとか入っちゃうし、だんだん飽きてきて止めました。というか、今まで見てきたガレリアの写真そのものなのですよ。同じ写真。自分が撮ったとしても大して感動もしなかった。

おまけに、全然クリスマス感がなかった。12月に入っていましたが、クリスマスではない普通の時みたいだった。


 

 

 

なので、ドゥオーモへ移動。

ドゥオーモにはツリーはあったけど、まだ飾り途中でした。ちょうどこの一年前、ミラノではなくローマにいたのですが、ローマでもヴァチカンのツリーはまだできていなかったし、全体的に町のツリーは質素でした。

イタリアって、ツリー点灯が少し遅いのだろうか。

わざとツリーが入らないように撮っていますが、ツリーはドゥオーモの前にありました。
IMG_3109

 

 

 

 

ただ、クリスマスマーケットらしきものはドゥオーモの下にありました。
IMG_3113

 

 

 

 

このビルのイルミネーションがクリスマスだけなのかどうなのかは知りませんが、興味があったので、ちょっと傍へ。
IMG_3116

 

 

 

 

大したことないな・・・と思ってやっぱり出店の方へ戻ることに。この出店しか、クリスマスっぽいものがなかった。
IMG_3117
IMG_3119

 

 

 

 

出店を省いて撮った写真も、今見てみると、クリスマスっぽい仕上がりになっている気もする。
IMG_3121

 

 

 

 

少しなら入れてもいいけれど、なんか変だな。
IMG_3123

 

 

 

 

出店の人だかりはこんな感じ。
IMG_3125

 

 

 

 

この出店は、もしかしてクリスマスシーズン以外にもやっているのでしょうか。


 

 

 

 

 

さて、この後ドゥオーモの前にも行って撮ろうとしたけれど、カップルがたくさん座っているし、特に明かりはないしで、嫌になってやめました。

クリスマスシーズンのイタリアは私にとってはちょっと残念な場所です。イタリアはまだこの先何回も行くだろうけど、夏がいいかも。

 

ここから空港へ戻るには、一旦地下鉄で中央駅まで戻らなければいけませんでした。

というわけで地下鉄へ乗って中央駅へ行き、駅を出て空港行のバス停でチケットを購入したら、カードが使えてびっくりした。コードレスのカードマシーンがあった。今では普通だろうけど。

金額は10ユーロでした。高いと言えば高いけど、確かバスの中はWi-Fiがついていたし、そう高くもないかな。


 

 

 

 

 

空港ターミナル1で降りて、地下を通ってシェラトンホテルへ無事に戻りました。

暖かいお風呂につかり、明日のドバイを想います。冬から夏か・・・。

出発は13:50でターミナル1から。ぎりぎりまで眠ろう。

ミラノからスイスルガーノ日帰り一人旅その1「ルガーノ編」
まず最初に、ガイドブックを載せておきます。2019年8月現在最新版です。私がケニアへの乗り換えのミラノで2泊したのは、スイスのルガーノに日帰りしたかったからです。スイスに行って泊まるのではなく、どうしても日帰りがしたかった。しかも、ミラノの
アリタリア航空とミラノマルペンサ空港エコノミー、空港ホテルシェラトン口コミ
アリタリア航空前回書いたアリタリアの口コミは、ビジネスクラスのロンドン→ローマフィウミチーノ→成田でした。しかも片道ずつ。今回は、その複便でしたが、エコノミーでした(ビジネスクラスは行きだけで、帰りはエコノミーで購入してありました)。この組
ケニア旅行記・ガイドブック「ケニア一人車旅」電子書籍
1.書籍説明の後は「自サイトepub版」販売で、次が「アマゾンMobi版」です。2・epub版を読むには「電子書籍リーダー」が必要ですので、スマホやPCに先にリーダーをダウンロードして下さい(無料でダウンロードできるものがほとんどです)。ア
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました