Sponsored Link

2日目③「オーロラ最適の日とは、満月vs新月、晴れvs曇り」

Sponsored Link

ホテルへ戻り、部屋のカーテンを開けて、空を眺めながらオーロラを待つことに。

いつでも写真が撮れるように、ベランダ付の部屋にしてありました。オーロラが出るまで寒い思いをして外にいることもないし、扉はガラスなので、オーロラが出たら中からも見えるだろうし。






部屋には無料のティーセットがあって、紅茶もココアもありました。ゆっくり飲みながら、お腹がすいたら、さっきレストランでもらったパンとバターがある。夜は長いよ。






かなり高い確率でオーロラが見えるというアイスランド、私はまだすぐに見られるような気がしていました。

この旅行は、ちょうど満月のあたりに当たってしまっていました。アイスランドに来た日がちょうど満月だったので。満月・新月は事前に調べて分かっていたけれど、都合上旅行の日付は変えられなかったのです。

でも、本当なら、新月前後が良かった。






満月前後は明るいので、オーロラは見られないと昔は思われていたようです。でも、満月とオーロラは共存できます。特に肉眼で見ようと思っている人には。

写真など関係なしにただオーロラを見たい人は、気にしなければいけないのは、単純にオーロラが見られるか見られないか、つまり、「雲の量」、そしてその場所が肉眼でオーロラが見えるほど「空気が澄んでいるかどうか」(又は空気が澄んでいなくても見えるほどの強いオーロラが出る場所かどうか)だと思います。

でも、写真を撮ろうと思っている人にとってはちょっと違います。満月をバックにオーロラを撮りたいかどうか、月の回りのぼわっとした感じを入れたいかどうか、自分の持っているレンズの明るさとか性質を考慮して、どんな色(緑か黄緑か)が撮りたいかとか。






写真を修正する人には何の問題もない話です。私は修正しないし、一般人で普通の一眼だし、保存はJPEGだし。

ホテルで待っている間に適当に撮った曇り日の月はこんな感じです。 曇ってるというのもあるけれど、月の回りがぼやけてます。私はこれが嫌で、シャッタースピードをすごく長くして、星のようにしてしまうことがあります。

065






人の写真ですけど、ちょうどいいのがありました。結構修正が入っているみたいだけど、星っぽくなっています。
https://www.extremeiceland.is/en/private-tours/northern-lights/northern-lights-group-offers)

northern lights in iceland






星っぽくする又はそのように修正しなかった場合はこんな感じだと思います。(http://borealis2000.com/newauroraimages/pages/Moon_Jupiter_1.htm)

Moon_Jupiter_1






好みなのだろうけど・・・。私は、満月前後にオーロラが出てしまうのなら、新月の暗い時のほうがいいなと思っていたので、できることなら新月付近に行きたかったです。






それにしても、上の写真は、バッチリと雲が入ってるのにオーロラも出ていてお見事です。羨ましい。

満月だろうが新月だろうが、オーロラが見えたとしても、一面の曇りでは無理です。オーロラは雲よりも上だから、雲があれば雲がオーロラを隠してしまうはずです。

例外は、雲の合間からオーロラが顔をのぞかせる時です。上の写真は雲が少ししかないので、オーロラの真ん中を邪魔しているだけですが、これが雲だらけなら、もちろん何も見えないと思います。雲の切れ目から上手にオーロラが出ているのもキレイだろうなと思う。






結局、「曇りなら絶対にオーロラは見えない」というのは、間違いなのです。問題は雲の量だと思います。オーロラを隠してしまうほど雲が出ているかどうか。少しぐらい雲があっても大丈夫なはずです。






なので、この日のような雲の量で数時間も待ち続けた私はアホだったと思う。早く眠れば良かった。






このまま4時間ほど待ち、ベッドに入っても気が気じゃなくて眠れなく、夜中に何度もカーテンを開けて確かめました。

風が強ければ雲が飛ばされてオーロラが顔を出す可能性もあったかもしれないけれど、この夜は平穏な空だった・・・。雲も全然動いてくれなかった。






空気があまりキレイではなかったりすると肉眼ではオーロラは見えず、カメラでシャッタースピードを長くして撮影した時だけ写真にオーロラが写りますが、アークレイリなら空気が澄んでいて肉眼で見えると思っていました。



「もしかしたらもしかして、写真を撮ってみたらわずかな雲の切れ間からオーロラ見えてたりして」


なんて、そんなわけないな・・・、というぐらいすごい雲でした。

「大丈夫。後4泊あるから」と、まだ余裕だったけど。



次のページへ

3日目①「アークレイリ植物園、おすすめレストランその2」
オーロラを夜な夜な待ち、無理だなと思って深夜に床に就くも気になって熟睡できずに何度も起きてはカーテンを開けて窓の外を見ているような人は、もちろん朝から起きるつもりなどなし。朝食付きのホテルだけど、一度もここで朝食を食べませんでした。どうせア


この旅行記を最初から読む

このアイスランド一人旅オーロラ編は、
「冬のオーロラ編」で、夏の白夜編は別カテゴリです。白夜は夏季にしか見られません。オーロラは基本冬だけです。ですので二回行きました。同じ年に二回でした。先日、夏なのに、「オーロラツアー」と言って売っている旅行会社の宣伝を見たけれど、白夜で明る





関連カテゴリと記事

アイスランドガイドブックと現地ツアー会社
ガイドブックですが、当時の地球の歩き方ではちょっと足りませんでした。2019年現在は、アイスランドだけで一冊出ており、大分充実した本になっているようです(↓2019年8月現在最新版)。こっちも出たようです (↓2019年8月現在最新版) 。
このアイスランド一人旅白夜編は、
「白夜編」ということで、白夜時期の行った旅行記です。同じ年に二度行き、もう一つは「オーロラ編」として別カテゴリです。この白夜旅行では、途中グリーンランドにも行っており、そちらも又別カテゴリにてグリーンランド一人旅を作成してあります。アイスラ
このグリーンランド一人旅は(ガイドブック含む)、
夏の白夜を見に行ったので、オーロラ鑑賞ではありません。オーロラを見にグリーンランドへ一人旅しようと思ってこのサイトに辿りついたのでしたら、すいません、こちらは夏のものです。白夜期にアイスランドと一緒に行きましたが、アイスランド旅行記は別カテ

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました