Sponsored Link

到着日②「レンタカー屋ともめる②、マルタパラダイスベイホテルともめる①」

Sponsored Link

傷のことは承知の上と了解し、レンタカー会社は帰って行きました。






そして私は車に乗り込み、半分切れます。







人に満タン分払わせておいて満タンじゃないじゃないか

IMG_0369

再びレンタカー屋に電話。逃げるかなと思ったけど、ちゃんと電話に出た。






「ガソリン満タンじゃないんだけど、何やってんの。車の点検何一つしてないでしょ。ガソリンの量なんてどうやったら間違えられるの。なんて適当な仕事。だらしがない。さっき払ったお金返して。自分たちが何したかわかってる?詐欺にあたるかもしれないのよこういうの」






半分以上切れてたかな・・・。






メンテナンスなんてしていないに違いない。ガソリンの量も傷と同じですぐに言わないと、「自分で走行して減ったんでしょ」と言われてしまうかもしれないので、すぐに抗議しておいたほうがいいです。






タンクのブロックの写真を撮って携帯に送ってくれと言われました。だけど、私のイギリスの携帯は写真が送れなかったし、大体送信できても国際ローミング。バカ高いお金を払ってまで何で私があなたに写メを送るのよと文句を言い返した。

とりあえず今回は二人は戻ってきませんでした。

ホテルに到着した後にパソコンから上の写真をメール添付しました。






電話を切った後、気を取り直してマイナビをセットして(私のイギリスガーミンがマルタもカバーしていた)、ホテル名を入れました。






何時なの。早く休みたいのに。これから30キロ近く走らなくちゃいけないのに。






夜のマルタは中心部を離れたら電灯も少なくて良く見えなかったけれど、右ハンドル左走行だし、何の緊張感も問題もなくホテルへ到着。






駐車場から入口まではすぐというわけではなかったので、入口の目の前に車を停めて、先にフロントへ行ってチェックインをしました。

今回のホテルは、Paradise Bay Resort Hotel。

★★★★ Paradise Bay Resort, メーリッハ, マルタ
Paradise Bay Resortは一方にパラダイス湾の景色を、もう一方にゴゾ島とコミノ島の景色を望む宿泊施設で、屋外プール3つ、広々とした日光浴用テラス、敷地内の無料専用駐車場を提供しています。...

ここは首都ヴァレッタからはほど遠い場所なので、徒歩の方はやめたほうがいいと思います。

私の部屋はジュニアスイートで、一番安かったアメリカのサイトを通して予約しました。一泊51.24ドルで、当時5,000円ぐらい。首都のホテルでスイートだったらこの5倍ぐらいの値段かも。

私はこのホテルが大嫌いですけど。 スタッフも嫌な感じだった。

部屋は綺麗でした。ジュニアスイートだったしね。普通の部屋は暑苦しいだけだったけど。






到着した時にフロントにいたのは、60代ぐらいの大人男性2人でした。




「今着いたんだけどさ、レンタカー会社の仕事に頭にきちゃって。ガソリン満タンとか言って、どう見ても満タンじゃないの。だけど何ブロック足りないのか分からないけど。2ブロックかな。ちょっと車見てよ~」




と、誰とでもしゃべるいつもの調子で言ってみたら、




「嫌だよ」

「いさかいに巻き込まれたくないから。責任負いたくない」




そんな彼が何をやっていたかというと、パソコンでトランプゲーム。






仕事する気ないよね






でも、もう一人は「どれどれ」と言って出てきてくれました。






そして、「誰が見ても満タンじゃないよ」と同意見。






だよねという話になってチェックインを進めたけれど、もう一人はどうしてもトランプゲームに夢中。人の話もそっちのけで画面を見ながらの解答。






いい大人が何やってるんだよとムッときた。






「何やってるの?」






と聞くと、無言。丸見えだったからシラの切りようがないけれど。






ここは朝食無料だったけどWi-Fiは有料だったので、お金を払ってWi-Fiパスワードをもらって、やっとゲーム人間から離れてお部屋へ。






これで休めると思ってドアを開けると、






なにこれ?



次のページへ

到着日③「マルタお勧めホテル、ホテルともめる②」
ジュニアスイート何てとんでもない、普通の部屋だった。しかも、一人なのにツイン。頭にきてフロントに電話しました。私 「ジュニアスイートの予約なんだけど。何この部屋。しかもツインだし。一人でツインいらないし。今降りるから本当の部屋の鍵下さい」フ



この旅行記を最初から読む

このマルタ共和国一人旅レンタカー運転ありは、
走って走って走って、運転から始まり運転で終わった。「どうしたらマルタなんて小さな国でそんなに走れるんだ?」という走行距離だったと思います。昔から、「マルタ共和国という国はどこだろう」と気になっていて、いつか行こうと思っていた国の一つだった。
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました