スポンサーリンク

3日目④「牛若はどこじゃ」

Sponsored Link

 

 

 

じゃ、徒歩で帰ろう。

 

 

ああ、あれは、昨日の大聖堂ではないか。

 

 

大聖堂を眺めながら帰るため、ここを直進。

 

 

昨日は、あそこにいたんだ。素敵だったな、結婚式。

 

 

昨日とは大違いの、ロボコップみたいなギシギシな歩き方でご挨拶だよ。昨日はお世話になりました。

 

 

と、お礼を言って、左折。

 

 

重い体をひきずりながら歩いていると、またしても見つけてしまった。

 

 

なんだよもう。今度はデパート内じゃなくてショップだよ・・・。

 

 

やっぱり入らないとな・・・。

 

 

2階建てだったよ。

この体で階段を上がるのか・・・と思ったけど、上がったのよ。セール品あったけど、すっごい少し。男子物ばっかりね。

そして、この体で階段を降りたよ。

 

 

もう素直に帰ろう。

 

 

漱石さんの知り合いだろうか。裸で餅つきかな。

 

 

さっき入ったボディショップのビル、ショッピングセンターだったのかも。

 

 

ノロノロノロノロ。

 

 

4時17分。ようやくホテルの近所に。

 

 

4時23分。ああ、着いたよ。温かいものが飲みたいし、トイレも行きたい。

 

 

エレベーター、本日も私がカードを入れても無視。入れて出して入れて出して。

やっと動いた。なんでなんだ。

 

 

お部屋へ戻ると、まだ掃除中でした。

トイレに行きたいし、「あ、いいよもう、タオルだけくれたらいいよ。ゴミ袋は自分で入れておく」と言って終わらせてもらったけれど、さて何か飲みましょうと思ったら、紅茶の補充が終わっていなかった。

なので、彼を探して、紅茶をもらって、マグカップも取り替えてもらって、「フィンランド人て、紅茶にあまりミルク入れないの?」と聞いてみたら、「入れる人は入れるけど・・・」という返事。だけど、ホテルにミルクの準備がないし、あんまり普通は使わないのかな。

 

 

紅茶の補充をしてもらったくせに、なぜかホットチョコレートを飲む私。

 

 

あるのに気が付かなかったんだよ。朝はどちらにせよ紅茶だけど、昼間はこっちでもいいんだ。

ホットチョコレート、海外のものはおいしい。日本のものは濃厚じゃなくて嫌だったんだけど、何年も飲んでないし、もういいものも出てるだろうか。今度調べてみよう。

 

 

そして、椅子に座り、パソコンを開く。

 

バキガシビキバキ。

 

 

痛いんだよね。

 

 

筋肉痛はいいんだけど、どうしても一極集中なんだ。

 

 

変なんだ。

 

すっごく弁慶の泣き所が痛いんですよ。

そのお陰でロボコップの親戚だったのです。

 

 

なんでこんなところが痛いのかと最初は不思議に思ったんだけど、レディーだからなのよ。

 

 

 

ヒールで踊った証拠です・・・。

 

 

 

 

最高でも7センチぐらいだったかな、今までは。踊ると思えば、3センチから5センチぐらいのヒールで行くのが普通だったし。

だけど、結婚式だったんだもの。

ヒールだけが原因ではなく、サンダルタイプだったから、かかとが開いてたことも問題でした。かかとがないと、つま先でひっかけているから、脱げないようにと、つま先に力が入るんです。その上で、踊るためにかかとを持ち上げるから、なおの事つま先に力が入り、これがとってもスネに響くのよ。

 

棒ですよ棒。

私の弁慶は泣きながら棒。

曲げられないっていうの(元々曲がらない)。

 

 

立ち上がる時に痛くて、座った時に痛くて、座っている間は動かないから硬直しちゃって、結局何をしてもダメな弁慶。

歩いたらロボコップだから、それを隠すように、「私、スネなんて痛くないのよ」みたいな顔と体して歩きながら、やっと帰ってきたのよ。

 

 

今日もゆっくりお風呂に入ろう。

 

 

ロボコップ、ブログのトップページ更新を長々と書く。だけど、気持ちが悪い。

2,3度目だな、気持ち悪いの。

フィンランドの食事が合わないとは思えないんだけど。

ホットチョコレートではどうしようもないので、ナウゼリンを飲みました(吐き気止め)。

 

 

明日から、バルトだ。

 

 

レンタカー会社のコンファメーションはちゃんと届きました。良かった。出発前には間に合わなかったけど、これでちゃんと車を確保できたよ。

この疲れとバイバイして、明日には船に乗ってエストニアへ行くんだ。しっかり休んでおこう。

 

 

6時50分、ブログの更新を終えた後は、写真の取り込み。一旦整理しておこう。

 

 

こちらはその日更新したトップページの抜粋。

「何と結婚式は、夕方4時から始まり、夜中2時まで10時間近く続きました。と言っても、式は30分ほどで、その後のパーティーが長かった。最後3時間ほど踊りっぱなし。

 そして本日、朝4時に寝たのでもっと寝ようと思ったけど9時頃目が覚めました。めっちゃ筋肉痛。踊り狂ってたから当たり前・・・。だけど、深夜0時頃、自分のイギリスアクセントが完璧に戻ったことに気が付き、とりあえず安心しました。英語とダンスがあれば、海外で困ることはない。とまではいかないか・・・。だけど、ブログには書かないかもしれないけど、こういう時は大抵パートナーを連れてくるもので、私は1人だったから、今回ばかりはちょっと考えさせられました。パーティーには1人で来ていた女の子がいたからその子と踊っていたけれど、やっぱりちょっと、難しいなと思いました。」

とまで見て、思い出した。パーティー会場の外にお手洗いがあり、深夜そこへ行った時にいたロンドンの女の子と話した時に、自分の舌が元に戻ったことに気が付きました。アメリカアクセントの人は、又違った舌の回し方をすると思います。英語が返ってきたとはなかなか思えなかったけど、アクセントは必ず返ってくると思う。脳の問題ではなく、口とか舌とかの問題なので、ある意味、技術だから、きっと運転とかと同じで、何年運転していなくても、又運転したら返ってくるようなものだと思います。

 

 

 

そんで、トップページはまだ続く。

「とりあえず、2日が過ぎ、もうこの時点で満足度が非常に高く、何だったら明日帰ってもいいよなぐらいのレベルです。来て良かったよ。ホント、ものすごくいい経験というか、出会いというか、めちゃくちゃ楽しかった。濃い2日間だった。今日は友達と一緒にいられるかなと思ったけど、多分すれ違ってます。というわけで1人で街へ行ったけど、もう疲れちゃって。筋肉痛はすぐ飛ぶだろうけど、めっちゃ疲れています。到着日から前夜祭に参加し、翌日は午前中観光しちゃって、それから結婚式で、最後ハイヒールで踊りまくりだし(途中で脱いだけど)、胃がひっくり返っても無理はない。何か食べると吐きそうで、今薬を飲みました。今は一度帰ってきたの。もう観光する気もなし。夜はサブウェイでも行こうかな。

と、疲れてはいますが、私の旅が明日から始まります。明日、フェリーでエストニアまで行きます。レンタカーは私が飛び立ってから予約OKのメールがきてました。何時の船かは分かりません。朝起きられたら朝の便で行くし。だけどフェリーによって港が違うので(3社あり)、今晩から調べます。車の予約はお昼の12時(日本時間夕方6時)。その時間に車を借りられて、国境越に制限がないか少ないのであれば、陽が沈むのが8時頃なので、そのまま三カ国走って一番下のリトアニアまで行こうかなと思っています。500キロ弱だったかな。9時間ぐらいみています。それで行けるんじゃないかなって。先に降りたほうが楽でしょ。バルトはレンタカー会社によって制限かかります。よってというか、みんなかけるのかもしれないけど。恐ろしいことに、それが1日150キロとか、私にとってはものすごく少ない距離かもしれません。それではいつものドライブはちょっと無理。毎日少しずつ移動しなきゃいけなくなる。何とか明日はもう少し疲れがとれているといいけど・・・。というわけで、かっ飛ばして行っちゃったら、明日の夜の更新は、ホテルがWi-Fiあっても無理じゃないかなぁ。」

 

 

 

一応、明日からの一人旅を前に、結構張り切っているようです。へとへとなくせに。

 

 

さて、それから、スーツケースをちょっと整理。減ったものはまだ大してないけれど、半分は捨てる服を持って来ていました。又スーツケースの写真を撮るのを忘れた。私のカクカクしたスーツケース。「どうやったらこんなに入ったの?」と言うような、かなりの収納技な上、「ここまでやらなくても・・・」というような、神経質振りの洋服の小分け(全てビニール袋に入っています)。

 

 

そして、レンタカーの確約が取れたので、今度はそのヴァウチャーを印刷しなければいけないので、プリンターを借りたい。ということで、USBにヴァウチャーを入れました。

 

 

8時20分。

もうどこにも行きたくないけど、ご飯食べないとな。

大体、プリンター借りにフロントへ行かないと。

 

 

弁慶が泣きながら出発。

 

 

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました