5日目⑥「ル・グランデュール・パーム・リゾートでとってもマレーシアン(口コミ含む)」

陽も暮れて、ホテルへ

スーパーを出たら、もう陽が暮れていた。

img_1359






時刻は19時9分。行先は、「ル グランデュール パーム リゾート(Le Grandeur Palm Resort) 」で、スーパーからはすぐ近く。






名前が長いので、このサイトではパームホテルと呼びます。






陽が暮れてもギリギリ写真が撮れそうだったので、時計で一枚。

img_1360






19時20分。ホテルの敷地内へ入ったところ。いかにもゴルフをやる人とかが来るリゾートホテルという感じのホテル。

img_1361






私は一泊で294.68リンギットでした。8476円。ブッキングコムで今見たら、5000円弱ぐらいですね。

https://www.booking.com/hotel/my/le-grandeur-palm-resort-johor.ja.html?aid=1853329&no_rooms=1&group_adults=1






車がないと、どうやって行くのかな。ゴルフをやるにはいいと思うけど、私はもう、何か特別な目的がある以外ではこのホテルは受け入れられない・・・。






さて、そんなパームホテル、駐車場の写真がないけれど、入口近めに駐車し、スーツケースを2つガラガラ押しながら行ったら、ホテル入口手前にいたポーターさんが「持って行くよ」と言ってくれました。

「荷物が大事だから自分でフロントまで持って行く」と言うと、「ちゃんと見ているから大丈夫」と言ってくれたので、そのまま預けてフロントへ。






さっき予約したばかりだったので不安だったけど、大丈夫だった。


 「さっきスマホから予約したばかりなんだけど、もうコンピューターにあがってるかな」

フロント 「大丈夫。ちゃんと部屋も確保できてます」

 「良かった」




・・・・・・・・・・・・・。




 「・・・・あの、何してるの?部屋、準備できてるんでしょ?」

フロント 「うん。今電話して聞いてる」

 「何を聞くの?部屋準備できてるんだよね?」

フロント 「できてます」

 「どこに電話してるの?」

フロント 「ハウスキーピングに」

 「なんで?」

フロント 「部屋の掃除が終わったかどうか聞くために」

 「・・・部屋の準備、できてる?」

フロント 「できてます」

 「それで今、掃除終わったかどうか電話してるの?」

フロント 「はい」

 「・・・・それ、部屋の準備できてないって言わない?」

フロント 「・・・」






無視。






マレーシアに来て5日目、イライラレベルは高くなっており、「今準備中だからちょっと待ってて」と言えばいいのにと思いながら呆れて待つ私。






電話したり他の人に聞いたり、何をやっているのか良く分からなかったけど、聞いてもほぼ無視だし、とりあえずボーッとしながら待ちました。

そして、どうやって部屋の準備が出来ているかの確認をとったか良く分からなかったけど、数分後、やっと部屋の鍵をくれました。






「まあ落ち着いて・・・」と思って、今度はレストランのことを聞いてみた。夕食は、遠出せずにこのホテルのレストランで食べようと思っていたので。




このホテルにはいくつかレストランが入っていました。マレーシアンが食べたかったので、伝統的マレーシアンはどのレストランで食べられるのかと聞いてみた。無視フロントボーイがやっとまともに答えてくれ、「フロント目の前のレストランがそうだよ」と教えてくれた。






フロント目の前で食べるのは嫌だなと思ったけれど、後ろの方の席にしてもらえばいいかなと思って、とりあえず部屋へ荷物を置きに行くことにした。




そして、さっき預けたスーツケースの方を見ると、誰もいない。ポーター君、ちょっと入口に戻ったかと思って見てみたけど、入口付近にも誰もいない。



頭にきてフロントへ行き、その場にいたフロントレディーに、


「見てるっていうからスーツケース預けたのに、ほっぽらかしてどっか行っちゃうの?そんな無責任なら最初から荷物預かるのやめてくれない?チェックインも手間取り過ぎでしょう」


と、もう完璧に怒り口調で文句を言って、何も知らないフロントレディーに「何なのこの人」という顔で見られながら、見放されたスーツケース2つを押してエレベーターへ。因みに、この放っておかれたスーツケースは、壁側に寄せられていたわけでもなく、フロント付近に寄せられていたわけでもなく、本当に通路のほぼ真ん中にポンと置いたままにされていました。写真を撮れば良かった。






部屋は

さて、準備ができているという私のお部屋、なんとも遠かった・・・。

部屋までこそ荷物を運んで欲しかったけど、気になる物でも見つけたら人の荷物なんて置いたままどこかに行ってしまうようなので、危ないから自分で運んだ。


私はどうやら、疲れている時だけでなく、怒っている時も写真が減るようです。部屋までの写真、一切なしです。

でも、大きなホテルなので、端の部屋になると結構遠いと思うので、荷物が多い方は放って置かれることを覚悟でポーター君を呼んで下さい。




さて、やっと部屋に到着して、当然すぐにお風呂場をチェック。

そしてもちろん本日もタオルなし。

適当レベルでしか準備ができていなかったらしい。






部屋はの大きさは充分です。

img_1362






お風呂場。

img_1363






浴槽あり。ハンドルシャワーも。カーテンがなかったけど。

img_1364






なぜか別にシャワーブースが1つ。右がシャワーブースで、左がトイレ。シャワーブースのシャワーは固定でした。

img_1365






ここで、水をチェック。水まわりについていないので、お湯が出ないことが多いから。






予想通り、ぬるい・・・。そして、ちょっと濁っている。

img_1366






電話をして、熱いお湯が出てないけどタンクはどのぐらいでシェアしているのかと聞いてみた。メンテナンスの人を来させるとのことで、少し待つことに。


やがて男の子がやってきて、


 「・・・あの・・・英語は、話しますか?」

メンテナンス君 「はい」

 「お湯が充分に熱くならないの」




彼は、出しっぱなしにしていたぬるま湯に触りました。




 「ここは、ボイラー?タンクは何部屋でシェアしてるの?他の部屋の人が使ったらお湯が出ないかもしれないから、時間をずらして使うけど、ボイラーどうなってるの?だいたいちょっと濁ってるし、何でかな」




と、ブツブツ質問開始。すると、




メンテナンス君 「再確認します(I will double check)」

 「・・・な、何を再確認するの?」






メンテナンス君、良く分からないことを言って、部屋の外へ出ました。私はこの「再確認」に翌日ついに怒りました。もっと色々あって爆発しただけだけど・・・。




部屋を出てすぐ右の壁を開けると、お湯のパイプがあり、メンテナンス君、それをいじり出しました。

私はお風呂場へ戻ってボーッとしていた。




戻ったメンテナンス君、洗面所のお湯だけでなく、シャワーのお湯を出し、シャワーブースのシャワーのお湯まで出しました。

あっちこっちからお湯がジャージャー・・・。お風呂場の湿度は上昇。




 「・・・ね、ねえ、何してるの?こんなに出したら、ボイラー式ならどんどんお湯が減って、絶対熱いお湯なんて出ないと思うんだけど・・・」




残念ながら会話にならず、無線だったか携帯だったかで誰かと話したりしていましたが、その内容を聞いてみたけれど答えられず。

いつまでも部屋の外のパイプのところにいて、そのうち誰か他の人もきたけれど、みんな英語を話せなくて、私の質問にシーンとするばかり。




私が何を聞いていたかというと、要するに、ケニア記でも書いたけど、タンクがシェアで他の人がお湯を使っていたのならお湯が出るまでしばらくかかるから待つよということです。ケニアの時はボイラーが壊れていたけど。そして、このお湯は何で濁っているのって。濁っているホテルって結構あると思うのですが、熱いお湯も出ないから、給湯器がおかしいかなと思った。しばらく出していても色が変わらないので、サビではなかったと思う。




ずっと一人でしゃべっていてもしょうがないので、仕方がなく、英語が話せる人を呼ぶよと言ってフロントへ電話。しばらくして、女性が部屋まできてくれました。

 「熱いお湯が出ないんだよね」




と言って、他でお湯を使っているから出ないっていうならいいんだけどと、詳しく説明しました。


すると彼女は、お湯をさわり、


「出てるじゃない」


と。




 「これじゃ熱くないでしょう。こんなぬるま湯でシャワー浴びたら冷たいじゃない」

彼女 「なんで暑いのに熱いシャワー浴びるの。これでいいじゃない」

 「気温暑くっても、シャワーの温度はこれじゃ低いでしょう」

彼女 「マレーシアは暑いから、みんなこのぐらいの温度のシャワーなの。マレーシアではこれが普通なの」






全国統一主義的価値観。ステレオタイプ大募集。






 「・・・へえ。あなた、家でこんなぬるいお湯でシャワー浴びてるの」

彼女 「そうよ。マレーシアは暑いんだもの」

 「それでじゃあ、この濁ってるのは何?どこからお湯きてるのかな」

彼女 「濁ってないじゃない。普通の色よ」






全否定的価値観。あなたが白と言うのなら、たとえ黒でもそれは白。






 「それじゃああなたは、家ではこの色のぬるま湯で毎日シャワー浴びてるのね」

彼女 「そうよ」

 「それなら仕方ないね。もういいよ」






そして彼女、お風呂場から出る時にボソッと一言。






「今日は満室だからね。明日には大丈夫かもしれないけど」






私 「だからそれを聞いてたんじゃないのよ」






けれど、「ああそう」ぐらいの反応を残し、彼女は消えて行きました。






多分、フロアで1つのタンクかな。

あのやりとり、どのぐらいだったかな。「今日満室だから」って最初に言ってくれたらそれで意味が通じたのに。



びしゃびしゃになってしまったお風呂場で湿気ムンムンの鏡をふき、21時もとっくに過ぎていたし、お腹がすいたので、再び気を取り直してホテルのレストランへ。






レストランは

さっき聞いた、伝統マレーシアンが食べられるというフロント前のレストランへ行き、店員君に話しかけました。

 「ここ、マレーシアンなんだよね」

店員君 「違います。ビュッフェです」

 「え?マレーシアンビュッフェ?フロントでマレーシア料理はどのレストランで食べられるか聞いたら、ここだって言われたんだけど」

店員君 「ここはただのビュッフェで、マレーシア料理は、真っ直ぐ行って突き当たった右側のレストランです」






もう好きにしてくれ。






突き当たりまで真っ直ぐ行くと、両側にレストランがありました。左側は明らかに中華料理だったけど、さっき店員君が言っていた右側のレストランは、西洋料理にしか見えない。

でもまあ・・・と思って、右側のレストランへ行ってみた。


 「ここ、マレーシアンだって聞いてきたんだけど・・・あのビュッフェで働いている人に・・」

右側レストラン君 「今はオープンしていないよ。それに、ここはマレーシアンじゃないよ。西洋風のお店だよ。前の中華レストランならやってるよ」






いいよもう






今日もマレーシアン無理なんでしょ。中華食べればいいんでしょ。食べるよ。






そして、入ったお店、かわいい女の子が出てきて、とっても愛想良く、

「チャイニーズレストランは終わりました。日本食のレストランはまだやっていて、そこでチャイニーズのメニューを頼めます。チャイニーズのレストランでは日本食頼めないけど、終わってるし」

ということで、明るくて元気な彼女に少し機嫌を良くして、案内されるがまま日本食レストランへ。






飲み物は今晩も又スプライト。12リンギット。

img_1367






食事は、鶏の照り焼きステーキとやら。39リンギット。税込合計51リンギット(1479円)。

img_1368







美味しかったです。ご飯がおいしいし、鶏もいい味。



ダメホテルだけど、ご飯がおいしかったからいいかなと思いながら食べ終わりかけ、最後のご飯をお茶椀から箸で持ち上げ口に入れた後、

img_1369






ご飯の下に隠されていた髪の毛を発見。

enlarge






シェフに、「食べ終わった後で髪の毛入ってるの見つけたんだけど、もうちょっと衛生面なんとかした方がいいよ」と言ったら、「そうですか」みたいな対応。




別に謝罪もなく、会計時に割引があるでもなくしっかり51リンギットを払って出てきた。




「ものすごい汚い髪だったらばい菌が入って大変だ」と思いながら部屋へ帰り、「濁っている理由が川の水を直接使っているとかだったら、明日湿疹だらけで、南京虫どころじゃないよな」と思いながら、ぬるい濁ったシャワーを恐いし寒いので急いで終了。もっと遅くに入らないと、熱いお湯は出なさそうでした。




それから濁ったお湯で洗濯をして、ベッドの中に入ろうと、ベッドの上にかかっていたカバーのようなものを取ると・・・・・・











ポップコーンを食べながら掃除するのはやめなさい

img_1370






ポップコーンは、この↓ベッドの上にかかっている茶色い飾りのようなカバーを取った時に見つけたものです。

img_1362






ポップコーンは見えないようにカバーの下に潜り込ませたか、ベッドの上にばらまいてしまって、ろくに掃除もせずにカバーをかけたかどちらかだと思います。ポップコーンと言っても、甘いやつだったから、ベトベトね。良く見たらベッドの下にも落ちていたので、ちゃんと掃除機もかけていなかったようです。






というわけで、今日が終わります。






本日は、

12月26日 当初の予定及び予想と希望
いよいよ予定なし。とりあえずナビにジョホールバルをセットしてGO。ドライブが長いから、その間にどうするか決めましょう。高速でタッチアンドゴーを買えば、後はどこで降りても大丈夫だろうし。でも、ジョホールに早く着いたら、動物園へ行こう。夜は肉骨茶のお店でも探そう。今日はさすがにシンガポールは無理だろうけど、夜景撮りなら行けるかも。

でした。ジョホールバルまでは正確にはまだ着いておらず、そのちょっと手前であり、知りもしないホテルへ泊まっています。高速でタッチアンドゴーは買えず、未だその品物が何なのか分からない。肉骨茶はスーパーで買ったけど、本物はまだ食べていなくて、その代わりに髪の毛のおまけつきの和食。でも、失くしたはずのハリランは見つかったし、高速走りが多かったのでガクンガクンもあまりこなかったし、アホナビ次郎も少しはましだったし、順調に快晴の中ドライブできたかな。ヴィンチは残念だったけど、行ったには行ったし。




明日はどうしようか。

やっぱり、シンガポールなんてやめようか。

何となく嫌な予感が止まらないから。だけど、ジョホールへは行こう。




そして、寝ながらスマホで泊まりたいなと思っていたジェンホテルを検索すると、再びここも空きがあった。数日前に見た時はなかったのに。

ということで、翌日は不思議に導かれてジェンホテルへ。






-マレーシア一人運転旅

© 2020 一人旅運転日記 by Junko