6日目①「ライチにつかりながらジョホールへ出発」

12月27日 当初の予定及び予想と希望

偶然にも空いていたジェンホテルへチェックインして、動物園へ。シンガポールへは行かないで、ジョホールでも探索するかな。クリスマスイルミネーションがあったら撮ろう。夜はやっとマレーシアンを食べよう。最後の日だし、いいホテルだし、ゆったりしよう。明日はここから数百キロの空港までドライブして、日本に帰るんだから。


朝から緑でライチで出発

お目覚めは、8時ぐらい。もっとゆっくり寝たかったけど、起きてしまった。



朝ごはんは、昨日スーパーで買ったパン。何で緑か分からなかったけど、







緑だからだった。

img_1372






何の味かも分からなかったけど、申し訳ないが変な味であることだけは分かったため、ゴミ箱行き。

朝ご飯がなくなっちゃったけど、大丈夫。緑という時点で嫌な予感がしていたので、もう1種類違うものを買ってあった。






お口直し。

img_1373

これは予想通りただのロールパンでした。中に何も入っていないやつね。これで丁度いいの。これと紅茶でいいの。薬を飲むのにちょっと胃に何か入れたいだけだから。






では、シャワー。お湯、朝はちゃんと熱かったです。濁っていて嫌だから早めに済ませたけど、カーテンがないのでシャワーが浴びづらかった。ブースのシャワーは固定なので流しづらいし。




そして、昨日買ったライチジュースを飲みながら支度しようかなと思って冷蔵庫を開けると、




「誰ですか冷蔵庫の電源切ったのは・・・」的な箱になっていた。

img_1375






昨日到着した時に入れておいたジュースや水は、みんなぬるぬる。電源が切れていたみたい。他の電気は問題なくついていたので、ここのコンセントの差し込みだけが古くて接触が悪かったかな。時間帯で冷蔵庫の電気を切るというほど電力のない国でもないと思うし。

湿気で暑いのに冷たいものも飲めないので、早く出よう。




現金、足りないかな。今日買い物に行くならお金をおろさなくちゃ。

img_1374






では、着替えましょう。ハリランのベルトがないから、ベルトがいらないボトムスしか着られないけど。




というわけで、今日はスカート。

img_1376






この青のブラウスはイギリスで買ったんだけど、ブカブカなので「捨て服」としてこの旅行に持ってきていました。前から見るとフワフワでいいけど、後ろから見るとおかしかったので。

img_1379

捨てた記憶がないけれど、捨てたんだろうな。因みに、前髪もまだちゃんとしていた。もはやクセのない前髪の時代を忘れつつある今日この頃。

あのね、年をとるとクセが出てくるらしい。「年」がどれぐらいか分からないけど、30歳から45歳の間であろうと想像するよ。直毛だった人が突然くりくりしてきたりするらしい。私も被害者の一人だけど、前髪だからまだましだと思う。





さて、10時半ぐらい、乾いていない洗濯物をハンガーにかけたまま持ち、スーツケースを2つガラガラ押しながらフロントへ。

ポップコーン掃除の文句を言って、チェックアウト。






コンビニみたいな店がホテルの中にあり、冷たいジュースがなかったので、そこへ寄ってライチジュースとパンケーキを購入。合計3.95リンギット(約115円)。ライチがやめられなくなっている。






10時50分、車に乗り、買ったジュースを飲む前にパンケーキと一緒に膝の上に乗せて写真を撮ったら、

img_1387

飲もうとして開けたフタを閉め切っていなかったらしく、こぼしてしまった。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




小さい時、服を着たままお風呂に入ったことがあるのだけど、あんな感じだった。

濡れて貼りついて気持ちが悪い。


甘いから、乾いたらもしかしてベトベトになるかも。ちゃんと蒸発してくれるかな。




急いで車から降り、着替えようかどうしようかと悩む。

スーツケースを出して下着を出して、ロングスカートだから、ここで堂々と下着を取り替えても多分大丈夫。

どうしようか。ホテルの敷地内だし、快晴で明るくて屋外だし、危なくはないし、ここで取り替えようか。




と、車の外に出て立ったまま考えていたら、何だかすごく暑くて乾いてきたような気もしないでもなくなった。ジュースは透明だから白いスカートにシミがついたわけでもないし、このまま行っちゃおうか。






一人で車ありって、こういう時にいいなとつくづく思った。団体行動だと、スーツケースを出してもらったりしなきゃいけないし。一人は、止まるも行くも、自分の自由。ライチジュースを飲むもこぼすも、自分の自由。






では、お気に入りのライチジュースを、飲むだけでなく体にまでつけて出発。




行先は、ジョホールバルのジェンホテル。






ところが、このホテルがとっても新しいため、アホナビ次郎はやはりご存じなかった。

ジョホールのハーバーなら出ていたので、ハーバーあたりのホテルだから、とりあえずそこにセットして出発することにしました。






ほんの40キロ弱の道のり。段々気に入ってきた「洗濯物乾かしながらドライブ」。

img_1388






すいています。

img_1389






最初にあったスタンドに寄って、ガソリンを入れる。

img_1390






隣でガソリンを入れていたお客さんに、「タッチアンドゴーがなくてもジョホール行ける?」と聞くと、「行けるよ」との返事。

誰が正しいのか分からないことは良く分かってきていたので、参考程度で理解しておく。






ガソリンを入れ、機械払いで50リンギット丁度。1433円。安い。

それからレジへ入り、何故かティッシュを買っています。2.75リンギット(約80)。これはおそらく、ライチを拭くためにポケットティッシュを使い果たしてしまったからだったと思う。たくさん持っていたけれど、残りはスーツケースの中だったので、開くのが面倒だった。






トイレに行くのにも、ティッシュが必要だったし。

img_1391






結構きれいなトイレだったな。

img_1392






洋式があったけど、

img_1393






私はもちろん和式を選択。

img_1394






さて、トイレも済ませて長旅の準備はできたので、高速へ。


リニューアルが終わっているのはここまでです。

-マレーシア一人運転旅

© 2020 一人旅運転日記 by Junko