2日目②「レンタカーを借りてボルダーズビーチへ」

到着したインフォで紹介されたホテルは、数も少なかったけれど、高いところばっかりだった。

セルフケータリング(コンドミニアムみたいなやつ)なら手頃な値段のところがあったので、そこを予約してもらいました。1泊5000円ぐらい。それが当時の私の予算だったので(今も変わってないけど)。






選んだそのホテル、誰もいないらしく、 まずオーナーの家に行って鍵をもらってこなければいけなかった。

徒歩ではちょっと遠いとのことだったので、オーナーの家までは南アフリカ版のタクシー、リッキー(写真ないです、すいません)を使うことに。いくらだったかな。思ったよりも高かったと思う。今の為替なら大したことはないかもしれないけど。






リッキーで移動中、マウテンンバイクに乗った人たちがどんどん南へ行くのが見えた。喜望峰まで歩いて行けるかなぐらいのことを思っていたけれど、そんな距離ではないらしいことを早々に理解。ストリートビューがあの頃にあれば大体予想できたのに。






ケープ半島は、交通の便が良くありません。道は舗装されていてきれいだけど。






そして私は、レンタカーを即刻決意。






実は、海外で運転したこともないくせに、万が一に備えて国際免許を取ってあった。そして、ここで運転を決意したけれど、海外で初めてだからどうのとか、そういった緊張は全くなかった。私にとって運転は、 この時既にそれほどまでに当たり前のことだった。






ホテルのオーナーはホテルより少し離れたところに住んでいました。丘の上にある、すごく大きな家だった。あの大きさが普通なんだろうけど。






オーナーは女性で、鍵をもらわなくてはいけないれど、レンタカーも頼みたいのだと言ってみた。当時はまだスマホでちゃちゃちゃと自分で予約というわけにはいかなかった。






オーナーがレンタカーを電話で探してくれている間、家の中に入れてもらいました。ベランダの椅子で待たされたんだけど、海が目の前で見晴らしが良くて、こんなところに住んでいるなんて羨ましいなと思った。世界遺産のすぐそばに住んでいるのだものね。






休日なのでいっぱいだったか閉まっていたかで探すのに時間はかかったけど、オーナーが無事にレンタカー会社を見つけてくれました。 でも、その会社は空港付近にあったらしく、サイモンズタウンまで車を届けるのに出張料をとるそうでした(結構そういうのは無料なところが多いけど、距離によります)。しかも、何と、1日では貸してくれなかった。最低3日。今考えれば丁度良かったけど。






車は直接ホテルに届けてくれるというので、オーナーが私を自分の車でホテルまで送ってくれました。歩いてさっと行けるほど近くはなかった。






待つこと数十分、来たのは何とニッサン車。

27 Aug 21.48






外車に乗りたかった。これが私の初めての海外運転だったわけだし。






初めてが南アフリカだったなんて、かなり贅沢だと思っています。日本車でなければもっと良かった。

南アフリカドライブは、今でも人生で2番目に最高なドライブです。しばらく1番だったけど、アイスランドに抜かれました。色々な意味でケニアドライブに勝るものはないような気もするけれど。運転中に見える景色で順位をつけるのなら、2番目です。






結局、日本車はもちろん安定感があったし、それはそれで良かったのかもしれない。だけど、免許こそ持ってはいたものの、車に乗る予定はなかったので、地図がなかった。地球の歩き方の使いものにならない地図ならあったけど。あれは運転用じゃないからね。






この日は、車が来たのが夕方前だったし、地図がなくても行けるような近所だけ行くことにしました。ペンギンを見に、「ボルダーズ・ビーチ」に決定。






一本道だから迷いようがないので無事に到着。とっても近所だし。






ビーチのHPはないみたいなので、ケープタウン観光HPのページをつけておきます。






駐車場はすぐに分かったと思います。ささっと停めて、入口でチケットを買ったのかな。次の写真がいきなりペンギンだから良く分からないけど。






こんな風に。

27 Aug 22.38






あまり近くには寄れないから、

27 Aug 22.39






多分、ズームレンズを持って行ったほうがいいです。

27 Aug 22.41






遠すぎて迫力がないから、逆側へ移動。

27 Aug 22.47






移動中に、近場のペンギンを発見。

27 Aug 22.52






私思うに、ペンギンは、雪のほうが似合うと思う。

27 Aug 22.52b






・・・・・・・・・・。

27 Aug 22.52c







・・・・・・・・・・・。

27 Aug 22.55b






橋のような遊歩道を渡りきってしまうと、やっぱりみんな遠くなる。

27 Aug 23.00






なんだか迫力がないな。あんまり面白くないから、もう行こう。






そして、まだ少し明るかったので、喜望峰へ下見に。どのぐらいの距離かなと思って。

そしたら、「ああ、レンタカー借りて良かった」と思うほどの距離でした。歩こうなんて思っていたのは誰だ。






しかも、喜望峰エリアへ入ってからすぐに喜望峰というわけではありません。徒歩では絶対無理とは言わないけれど、誰も徒歩では行かないと思う。早めに決断して車を借りて良かった。






そして、下見の後は、陽も暮れたので夕食へ。サイモンズタウンのレストラン街(と呼んでいいかどうか)みたいなところへ行ってみた。






本日の覚書には、「魚を食べた」と書いてあるけど、写真はこれ。

28 Aug 2.17

肉に見えるけど、タルタルソースみたいなものがついているから、魚なのかな。本人がそう書いているんだから、魚か。






美味しかったと思う。特に何も書いていないからすごく美味しかったわけではないけど、まずかったらそう書くから、普通に美味しかったのだと思います。






そして、真っ暗闇の中、ホテルへ。と言っても、コンドミニアムだけど。






シャワーを浴びようと思って、夜だし寒いから2分ぐらいシャワーを出しておき、温まったところで「さて入りますか」と思って入ったら水だった。






ヒャー!!!」とすぐ逃げて、ベッドに直行。今なら分かっているが、私は水回りについていない。






壊れたのかと思ってオーナーに電話をしてみたら、長く出しすぎだと言われた。2分だけど。太陽熱発電らしかったけど、まだまだいいものではなかったのだと思います。






そして、初日に大雨に打たれ、2日目のこの日に水浴びをした私は、翌日にしっかりとカゼをひくことになるのです。


次のページへ


< 前のページへ

-南アフリカ一人旅レンタカー運転あり

© 2020 一人旅運転日記 by Junko