Sponsored Link

6日目最終日①「愛するスイフト、冬のアイスランドはスタッドレス?」

Sponsored Link

朝起きて、一番にフロントに電話。レンタカー会社に車を持ってきてくれるように頼みました。






10時だったか11時だったか忘れたけれど、そのぐらいに来てくれました。この会社は、夏に借りたのと同じレンタカー会社でした。あの最高に乗り心地が良かったスズキのスイフトを貸してくれたところです。






もしかして、又スイフトに乗れる!?






との期待大でレンタカー会社の人を待っていました。


到着したレンタカー会社の女性に、「夏に借りた時はスイフトだったけど、今回は何?」と聞いたら、「今回もスイフト」と言われ、心から喜ぶ。






あの車に又乗れる!






その夏にここで借りたスイフトが私にとって初めてのスイフトドライブでした。ブレーキの遊びが丁度良かったこと、グリップがしっくりきたこと、加速も乗り心地がいいレベルだったこと等の理由により、スイフトに心底惚れ込んでいました。

サイズは絶対に1.4ぐらいだと思ったけれど(今も思っているけれど)、帰国して調べたら、当時のスイフトはほとんど1.2だった。スポーツではなかったので、1.6ではないはず。

ヨーロッパ仕様だから違うのかどうか知りませんが、レンタカー会社の人にサイズを聞いたら、「そんなに大きくないよ」と言われたので、「1.2ぐらい?」と聞いたら、「そんなに小さくもないよ」と言われていたので、結局不明です。1.2でも1.6でもなければ1.4だと思うけど、全然はっきり返事をしてもらえなかった。私も私で、登録書を見れば良かったと後悔しています。






さて、前回は赤だったけど、今回は白のスイフトだった。でも、スイフトはスイフト。乗り心地は良かったです。アイスランド車だし、クーラーはついていなかったと思うけど。






ここで一つお詫びをしたいのは、確か私はタイヤについて聞いたんだけど、すっかり忘れてしまいました。ものすごく大事なことなんだけどね、冬に運転するなら。覚えているのは、「納得」したことです。

だけど、何を納得したのかを覚えていないのです。「レイキャヴィックは雪ないからノーマルタイヤで大丈夫だよ」と言われても納得しただろうし、「アイスランドは寒いからいつ凍るか分からないので、冬場は冬タイヤだよ」と言われても納得しただろうから。

さらりとネットで見ましたら(検索キーワード Iceland Car Rental Winter tires)、「10月から4月までは私共の車全てが冬用のタイヤを着用しています」と書いてある会社を数社見ました。やっぱりスタッドレスだったかもしれない。

でも、もしもレンタカーを借りるなら、「冬用タイヤ」がスタッドレスかスパイクかは借りる会社に聞いて下さい。高い確率でスタッドレスだと思いますけど。






さて、事務手続きを済ませ、私は今晩オーロラを待つ場所を探しに行くことに。


次のページへ

6日目最終日②「セルチャルトナルネース、アゥルタネース、ケフラヴィーク、ブルーラグーン」
前の晩は、車を借りてどうしようかなと考えながら眠った。時間をかけて山の上へ行き、車を止めてひたすらオーロラを待とうか?いやいや、まず、山ってどこだ。地図とナビで行けたとしても、トイレもどこにあるかわからないし、雪があったりしては困る。チェー

この旅行記を最初から読む

このアイスランド一人旅オーロラ編は、
「冬のオーロラ編」で、夏の白夜編は別カテゴリです。白夜は夏季にしか見られません。オーロラは本来は冬だけです。ですので、両方見たかったので、同じ年にアイスランドに二度行きました。夏なのに「オーロラツアー」のタイトルで販売している旅行会社の宣伝




関連カテゴリ

このアイスランド一人旅白夜編は、
「白夜編」ということで、白夜時期の行った旅行記です。同じ年に二度行き、もう一つは「オーロラ編」として別カテゴリです。この白夜旅行では、途中グリーンランドにも行っており、そちらも又別カテゴリにてグリーンランド一人旅を作成してあります。アイスラ
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました