Sponsored Link

2日目①「レンタカーとナビ、親日の国」

Sponsored Link

大きなダブルベッドを独り占めで、気持ちよくお目覚めでした。






さて、朝食へ行こう。






とてもすいていた。それなのに、溢れんばかりの朝食セレクションだった。お金持ちホテルだからなのか、中東ではこれが普通なのか・・・。






卵とかは注文すれば調理してくれるようだったので、調理しているお姉さんのところへ。






私 「おはよう!」

お姉さん 「おはよう!日本人?」

私 「そうそう。どうしてわかった?」

お姉さん 「わかるのよぅ」






何だか知らないけど、分かるらしいです。

いつものようにスクランブルエッグを注文して、ガラガラのラウンジで一人早食いして去りました。






このホテルには、サポートデスクあったので、ちょっとそこでお願いしたかったのです。

チェックアウトは12時。レンタカーの予約は11時。

ホテルの無料送迎で空港まで戻ってレンタカーカウンターに行こうと思っていたけど、やっぱりレンタカー屋にホテルまで迎えに来てくれるように頼みたかった。

だけど、アラビア語が分からない上に、イギリスの携帯は通話ができなかった。ショートメールは送れたけれど、何故か電話としては使えなかった。






だから、サポートデスクにレンタカー屋の電話番号を渡して、迎えに来てくれるように頼んでもらいたかった。そしてもちろん、それぐらいのことは、問題なく終了。






後で気がつきましたが、ヨルダン人は大体みんな英語を話せるらしいので、アラビア語なんて気にしなくても良かったみたいです。






さて、スーツケース持ってチェックアウトしたまま、ロビーでレンタカー屋さんを待つことになりました。






しばらくすると、男性が登場。

レンタカーの予約ヴァウチャーを出して、ナビも予約しているよと告げると、ナビはないと言われました。






私 「それ、困ります」

男性 「みんな貸し出しちゃったんだよ」

私 「ないと運転できない。あると思って地図も何も用意してないし」

男性 「だってナビの貸し出しは確定じゃないから、当日にならないと在庫があるか分からないんだよ」






そんなことは承知の上だったけど、おそらくナビがあるだろうと思って、本当に地図の準備を全然していなかった。

だから、引くわけにはいかん。






私 「ヨルダン来たことないし、ナビがないと運転できない。ナビがないならないで、ホテルまでの行き方を全部プリントアウトしてきたのに」

男性 「ヨルダンの道路はそんなに難しくないから大丈夫だよ」

私 「知らない土地だし。ホテルまでだって絶対辿りつけない」

男性 「どこのホテル行くの?」






ホテルの予約の紙を見せてみる。






男性 「ああ、ここから簡単だよ。そこをまっすぐ行って〇本目を右で、〇×▽を右に行けば・・・」






隣町の豆腐屋じゃあるまいし、そんな説明で分かるか。






 
私 「さっぱり分からない」

男性 「大丈夫だよ」

私 「住んでる人にとっては大丈夫だろうけど、私には分からない」






本当は、「分かるかもしれないな」と少し思ったけれど、分からないと突っぱねました。

突っぱねて良かった。






私 「空港に他社のカウンターあるでしょ?そこに行ってナビ余ってるかどうか聞いてくれないかな」

男性 「分かった。そうしよう」






なんだ。すんなりOKだな。






そして、二人で空港へ行きました。






私がカウンターで事務手続きをしている間に他のレンタカー屋さんに聞きに行ってくれたけれど、戻ってきて「やっぱりない」と言われました。






一瞬悩んだけど、やっぱり引けない。

どうしても、ナビがないなんてことが信じられない。






私 「だから、ナビがないと全然道が分からないって。結婚式の後は南に300キロ以上下るんだから。2日しかないんだよ。道間違えて帰れなくなったら嫌だし」





ナビがあろうがなかろうがえらいこと運転するはめになったけれど、まだ本人はそんなことになるとは思っていなかったし。本当は、トラドラな私にとっては、「たかが300キロ」のはずだった。






すると男性、「じゃあ、他の支店にナビを取りに行こう」と。






あるじゃん・・・






そして、支店まで一緒に行くことに。その男性は先に違う車で支店へ行き、私は自分が借りた車のチェックをしてから出発。車を一緒にチェックしてくれた男性が支店まで運転して連れて行ってくれました。私は支店なんてどこだか知らないから。

車まで行く前に車種を聞いたら、ヒュンダイだとのこと。ヒュンダイは初めて乗るので、ちょっと楽しみだった。






空港の出口前にあった車を、「それだよ」と指刺しました。

へぇ・・・・・・・・・

という、おきまりのリアクション。






私が予約したのは、いつものように、エコノミークラス。期待していたのはハッチバックだったけど、出てきたのは、思いっきりセダンだった。

サイズは1.6か1.8ぐらいじゃないかと思った。全然エコノミーな気がしなかった。

まあいいや。安かったし(多分5日ぐらいで1万ちょっとですね)。

さて、支店まで出発。






運転してくれた男性 「日本人?」

私 「そうだよ」

運転してくれた男性 「結婚してるの?」






二度目にして既にちょっと慣れてきたような気がするのは何故だろう。






適当に返事をして、私の聞きたかった話にすり替えることにした。

ネットで、日本人が「ヨルダンでは運転中に飲み物を飲んではいけない」と書いているのを見ていたので、それを聞きたかったのです。

そしたら、おまわりさんがたまに検問しているから、そこでばれなきゃ大丈夫だよと言われた。

これは多大なる誤解であったのだけど、その時はまだ信じていました。先に言いますが、ヨルダンで飲み物を飲んではいけないなんてことはありません。あんな砂漠地帯で飲み物無しでは干からびますから、どんどん飲んで下さい。






さて、しばらく走って、支店とやらに着きました。それまでの道のり、「ああ、ナビにこだわって良かった」と思うほどわけがわからなかった。

今はもう大丈夫でしょうが、色々開発中だったのか、工事が多いし、ラウンドアバウトも多いし、標識は何だかわけわからないし、えらく疲れそうだった。工事の迂回などもあるし、紙の地図では絶対に合っていないだろうなと思った。






さて、支店の駐車場で止まると、最初の男性がナビを持って戻ってきました。

ないなんて、おかしいもの。






そして、取り付けてみる。

ん?






私 「これ、どこに立て掛けるの?吸盤は?」

男性 「ないよ」

私 「じゃあどうするのこれ、席に置いておくの?」

男性 「・・・そうみたい」






そこはもう、妥協した(しょっちゅうナビを手に持って走ることになったけど)。

それから、ナビの使い方が分からなくて、3人全員でナビにとりかかりました。

だけど、何がおかしかったのか忘れちゃった。すいません。でも、表示のされ方でした。拡大されすぎていたとか、変な3Dになっていたとか、ものすごく使いづらくなっていたので、それを直そうと3人で頑張ったのです。






そのうち、運転してくれた男性はどこかへ行ってしまって、何だか知らない若い男性が出てきて、彼も手伝ってくれました。

その若い彼は、車の後ろに乗り込み、メンバーは違うけどそこから再び3人で頑張り始めました。






だけど、分からない。






「もしかしたら、走ったら変わるのかも」、ということで、私のホテルをセットしてホテルへ行ってみることになりました。

でも、今度は目的地セットの仕方が分からず、又してもみんなで取り組む。






やっとのことでセットを終了し、何でだか忘れたけれど、レンタカー屋さんの運転でホテルまで行きました。ホテルへ到着するまでじっとナビを見ていたけど、やはりおかしかった。






でも、作動することは分かったからいいか。






ホテルに到着後、ヨルダンの友達に電話をしてみました。私のイギリスの携帯は使えなかったので、その若い男性が携帯を貸してくれました。

その友達は、日本に住んでいたことがあるので、ヨルダンのナビはおかしいのだけれども何とかならないかと聞いてみました。でも、「ヨルダンのナビは日本のようなものとは程遠いのよ」と言われた。

というか、EUナビからも程遠かった。今考えても、あのナビだけが古いようにしか思えない。きっとヨルダンにももっといいナビはあるはず。結局、運転中に表示が突然変わったので最後は問題なかったけれど、ナビが要るのは市街地走りなので、ちょっと遅かった。






さて、このやりとりはホテル前での話ですが、とりあえずチェックインしてくると言って、先にチェックインをして車へ戻りました。

すると、レンタカー屋さんしかいなかった。さっきの若い男の子はと聞くと、帰ったと言います。






私 「あれ、誰だったの?」

男性 「知らない」






みんな友達的で素晴らしい。






あの彼は、突然困ってる私たちを助けて知らない車に同乗して、2,3キロ離れたホテルまで一緒に来てしまって、無事に用事が済んだと思ったらお礼を言われる前に帰ってしまったらしい。しかも、徒歩で。






このように、最初から感動でした。ものすごく人がいいのです。性格がいい。まだ出てきませんが、特に女の子たちが素晴らしい。

これほどまでに日本人が好きで、これほどまでに日本人と他のアジア人を間違いもなく見分けることができ、これほどまでに見返りなしに優しくされたのは、まだこの国でだけです。





ヨルダンの思い出は結婚式と運転が強烈だけど、それとは全く違うところで、私にとってヨルダンはとても大切な国です。

あの彼が誰だか知らないけれど、ここでお礼を言っておきます。ありがとう。又宜しくね。






そしてこの後、結婚式を次の日に控えた友達が、私の到着を知りわざわざホテルまでやってきてくれました。



次のページへ

2日目②「アンマンおすすめホテルとジェラッシュ」
とりあえず、お昼はホテルで食べました。パスタとオレンジジュース。私が泊まったホテルは、アルカサールメトロポールホテル。いいホテルでした。どの部屋か忘れたけど、綺麗だったし、ホテルのレストランもおいしいかった。駐車場も無料で、ホテル前に停めた





この旅行記を最初から読む

このヨルダン一人レンタカー運転旅は、
残念ながら、完全なる一人旅ではありません。私にはヨルダン人の友達がおりまして、その二人が結婚するというので、結婚式に招かれました。従って、まず最初から一人旅へ「行く場所の選択の自由」がありませんでした。でも、ずっと行ってみたかったし、行くの
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました