アイスランドエアーとケフラヴィック国際空港

Sponsored Link

2012年12月利用時の口コミです(2016年7月変更してないか確認)

アイスランドエアーは、冬のアイスランド旅行に使用しました。

夏はイージージェットです。

アイスランドエアーも、日本には就航していません。アメリカ、カナダ、ヨーロッパのみです。日本から他の航空会社で北欧諸国やロンドンまで来て、アイスランドエアーに乗り換えるというかたちでのフライト販売もしているらしいので、日本からアイスランドへ行く時に利用したことがある人も結構いるのではないでしょうか(ブリティッシュエアウェイズ+アイスランドエアーとか)。

首都のレイキャヴィックだけではなく、アイスランド北部のアークレイリへのフライトもあるみたいですが、一体それが直行便なのかケフラヴィック国際空港経由なのかは良く分かりません。私が行こうとした冬には、どちらにせよ便はありませんでした。冬季にアークレイリに行こうとしている方は、確認してみて下さい。夏だけかもしれません。

 

さて、なぜ二度目のアイスランド旅行はアイスランドエアーにしたかと言うと、ロンドンからの便は、イージージェットでは朝が早すぎたので。アイスランドエアーなら、(当時は)昼の1時にロンドン出発、夕方の4時半にレイキャビック出発と、時間的にちょうど良かったのです。

そして、イージージェットが荷物制限20キロなのに対し、アイスランドエアーは23キロと、少し余裕が持てそうだったのも良かったです。

もちろん値段はアイスランドエアーのが上だったけど、私はEU発だったので、4万円ぐらいでした(イージージェットでは3万円しないぐらいでした)。

飲み物は出ましたが、お酒は有料なはずです(エコノミーは)。ほんの3時間ほどのフライトなのであまり機内を良く覚えていませんが、イージージェットよりは快適なはずです・・・。

レイキャビックの国際空港であるケフラヴィック空港は、アイスランドエアーが主な利用航空会社ですので、カウンターも多いしチェックインもスムーズです。

もちろん、オンラインチェックインもできます(行き場所により、36時間か24時間前から)。アップル社敬遠者なので良く分かりませんが、アイフォンとかアイポッドタッチ用のアプリでボーディングパス落とせるのでそれをパスとして利用できるそうですが、何だか良く分かりません・・・。前はモバイルチェックインがあって、そのことにつきここで翻訳したものを書いてあったのですが、モバイルチェックインが見当たらなくなってたので、私の記事の文章も消しました。

荷物ですが、先ほど23キロまで大丈夫と書きましたが、これはエコノミーです。もちろんエコノミーコンフォートやサガクラス(ビジネスのことかな)の方はもっと重くても大丈夫で、荷物も二個まで(それぞれ32キロ)です。サイズはどのクラスでも合計158センチです。ですが、出発地により異なるので、場所によってはもっと多いかもしれません。HP確認して下さい。

でも、日本から乗り換えで行かれる方は気を付けて下さい。先に乗る航空会社と預け荷物のルールが異なるかもしれません(例えば、20キロまでだったり)。同じかどうか確かめて下さい。

手荷物は、エコノミーは10キロまでです。サイズは55×40×20が上限らしいです。数は一つですが、小さなハンドバッグとか、ラップトップとかは含まれませんから、それらを持ってる人は合計2つまでOKということになります。

イージージェットが嫌いというわけではないけれど、もし次もイージージェットかアイスランドエアーかの二択ならば、やはり私はアイスランドエアーを選びます。朝早く着くと1日時間があるかもしれないけれど、チェックインがいつもそんなに早くできるとも限らないし。

アイスランドエアーのURLはこちらです(英語)
http://www.icelandair.co.uk/

2016年7月、何故かこちらも日本語HPできてたのでリンク貼りますが、英語のHPより情報少ないと思います。代理店なのかな。
http://www.icelandair.jp/

そして、ややこしいのですが、国際空港はケフラヴィック空港といいます。レイキャヴィック空港は国内線の小さな空港のほうです。

国際線の大きなケフラヴィック空港はケフラヴィック(ケフラビークかもしれない)にあり、国内線の小さなレイキャヴィック空港は、レイキャヴィックにあります。
キャプチャ

実際単純なのですが、ややこしいのは首都がレイキャヴィックの方で、ケフラヴィックではないため、私も含め、大くの人が「レイキャビックの空港へ行く」と表現してしまいます。千葉にある成田空港を「東京成田」とかいうぐらいだし、決して間違ってはないのでしょうが、タクシーなんかに乗る時は要注意だと思います。レイキャビックとケフラヴィックはバスで1時間ほど離れたところにあるので、気が付いてから戻っても飛行機乗り遅れちゃうかも・・・。

乗り換えも十分余裕を持って下さい。移動時間が長いので。

レイキャヴィック空港はエアーアイスランドの口コミのところで書きましたが、ケフラヴィック国際空港は、もっとちゃんとした大きな空港です。国際線空港ですから。

到着口のところにスーパーがあり、早速買い物してから空港を出ることもできます。

帰りにお土産を買う時ですが、そんなにすごくたくさんのお店があるというわけではないけれど、十分なのではないでしょうか。私は静かでこの空港好きでした。

食べ物も、日本語で「こんぶ」と書いた昆布売ってました。日本人結構行くのかな?私はたっぷりバター買って帰りましたが。

レストランはビュッフェみたいなところに入ってしまって、あまり美味しくなかったけど、やはりパンとバターがあればそれでいい私でした・・・。

階違いにもお店があったりするので、ゲート付近にも行ってみてください。売ってるものは多分一緒だと思いますけど。

アークレイリ以外の国内線(及び冬のアークレイリ行き国内線)は、やはりエアーアイスランドになると思いますので、下記も読んで下さい。
エアーアイスランドとその他空港の記事へ飛ぶ

アイスランド一人旅白夜編レンタカー運転ありへ飛ぶ

グリーンランド一人旅へ飛ぶ

アイスランド一人旅オーロラ編レンタカー運転ありへ飛ぶ

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。